月別アーカイブ: 2015年2月

ブラックリストに載ってしまったらしい

私はお金に対してはルーズなところがあります。

簡単に知人や友人にお金を借りますし、返済もちょっといい加減なところがありました。そのようないわゆる不義理をしていれば時間が経っていけば友人知人はだんだん私にお金を貸してくれることはなくなってくるというのも当然の話でありますし、そうなれば金融会社から借り入れをしようとなるのもまた自然な流れと言えるでしょう。

それでも金融会社からの借り入れでは最初のうちはしっかりと返済していたのですが、金融会社からの借り入れも何回も借り入れて慣れてくるとやはりルーズなところも出てきて返済の遅延もするようになってきたのです。ただし、どの借り入れでもすべて完済はしていたのも確かで、私の心の中では完済すればいいだろうと思うことがあったのも確かです。

そんなことを繰り返している内に、借り入れが全くできなくなってしまいました。具体的にいえば借り入れを申し込んでも審査に通過しなくなってしまったということです。どうもブラックリストに載ってしまったようなのです。借り入れができないからと言っていくらなんでも闇金などから借り入れをする度胸はありません。

でもヤミ金からすごい誘いが来るんだと思います。ブラックリストにのったらヤミ金から連絡が来るようになると効いたことがあります。

その場合にはヤミ金相談で何とか乗り切るしかないのかな。

友人が働けなくなり、付き合っている彼女に借金をしました

私の友人にパニック障害という病気にかかり、働けなくなって彼女に大金を借りた人がいます。

友人は一人暮らしのフリーターでした。しかし、パニック障害という病気にかかり働けない状態になりました。実家は貧乏で帰ることもできないし、お金を借りることもできない。働いていないからカードローンなどでお金を借りることもできない。本人は働ける状態ではないと主張しても主治医は働ける状態であると判断をしているらしく、生活保護は受けられないとのこと。そこで友人は付き合っている彼女に借金をすることにしました。

毎月12万円もの借金をしたそうです。それでも税金や保険料、家賃光熱費を合わせるとかなりギリギリな生活です。彼は半年後に復職することを目標に治療に励みました。

彼は徐々に病気を克服していきました。最初は電車に乗ることや車に乗ることや人混みの中にいることなどができなかったのですが、半年間リハビリをしてなんとかそれを克服しました。そして半年後、彼は就職をしました。

彼は半年間働いていなかったので、70万も彼女に借金をしました。月に3万円ずつ返していったそうです。彼はフリーターのときは金銭的にギリギリな生活をしていましたが、就職して正社員になり給料も上がったため、3万を返せる余裕が出てきたようです。彼は毎月3万を返すために真面目に働き、節約生活を心がけていました。最低限必要な生活費以外の出費は一切していませんでした。

彼はそのような生活を約2年間して、借金を完済しました。その間は彼女とは気まずい空気で、ほとんど会わなかったそうですが、借金を返済してからは、順調だそうです。

病気で働けないという理由で借金をすることは仕方のないことだと思います。彼は本当に真面目な人です。きちんと計画を立てて病気を克服して真面目に働いて節約をして借金を完済した彼は凄いです。

借金で人生が狂いました

私の前夫の話しになります。結婚前は全く知りませんでした。結婚してから何社もの消費者金融から借りている事がわかりました。結婚してから暴力癖もある事も知り暴力で私に返済をさせようとしました。最初は私に実家から借りてこいなど言われ、それが無理だと私自身に返済の為に消費者金融、クレジットカードからのキャッシング日々その繰り返しです。

借金バイト

それも限度額一杯まで借りさせられました。返済の為に借りの繰り返しで自転車操業状態です。何ヶ月もそういう日々が続き主人の親戚に相談して最終的には主人から自己破産してもらう道を選びました。

当時2人で1000万近くの借金があったのです。自己破産により子供の為もう一度頑張ろう、そう思っていたのですが、主人は闇金についに手を出しました。その結果会社にまで返済の電話がいき会社は解雇です。そこから私への暴力がひどくなり私自身、実家に逃げるように帰り離婚しました。その後、全夫はアルコール依存症に陥り入退院を繰り返し立ち直ったようにも思えましたが精神的には不安定だったのか家に火をつけた事に始まり、今では刑務所での日々を送っているとの事です。

私自身は現在、幸せで穏やかな日々を送っていますが、前夫は借金から人生は狂ってしまったと思います。

この経験から、お金は怖いと教訓を得ました。今では1円でも大切にしています。

借金で精神的に強くなりました。

借金になった理由は、ネットでの買い物です。

毎月の給与があって実家暮らしという甘えもあり

バッグや洋服、生活用品まで何でもネットで注文していました。当然貯蓄もなしです。

画面の商品イメージを見るとどうしても今ほしいと考えもせずに

リボ払いをしていて、気が付いたら20代にして150万もの借金をつくっていました。

借金をしていくと数字に慣れて行って、いくらになったら改めればいい、そう思い

買い物をやめることができませんでした。

でもそんな生活は長く続きません。

このままではいけないと思い立ったのは両親にばれたことです。

借金をする理由は人それぞれですが多くは物欲からくるものです。

ですが脱出する理由はほぼひとつです。

浪費をやめる、そして借りたものは返すことです。

でもなかなか思い通りにいきません。

私が借金から学んだのは自分との戦いです。

明確な目標にむかって数字から目をそらさないこと。

数字は嘘をつかないしこの世で一番正直です。

それからは今まで捨てていた月末に送られてくるカードの請求書をしっかり見て

毎月の必要経費と家計簿の数字を記録しました。

本当にこれだけです。シンプルでないと続きません。

返済を意識して節約しながら生活している私を見て、

最初は呆れていた両親も、生活用品を援助してくれたりサポートしてくれました。

結果、返済に3年かかりました。正直しんどかったです。

得たものは借金を返済したという達成感、そして修行を積んだという自信がつきました。そして買い物リストで浪費はやめられるという計画性もつきました。

お金は一生ついて回るものです。これからの人生返済に追われるか。お金を気にしないでストレスなしで過ごすか。選択するのは自分です。